読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ご当地お菓子コレクション

大好きなご当地のお菓子を紹介するブログ

【広島】もみじ饅頭&聖乃志久礼 やまだ屋

こんにちは。

4月に入って新生活が始まるわくわく感が街にあふれていますね。

私は今年度も変わらずご当地お菓子を食べ続けています。

 

今回は宮島の名物、やまだ屋のもみじ饅頭と聖乃志久礼をご紹介いたします。

f:id:kchair:20170403232927j:plain

 

もみじ饅頭といえば広島(宮島)を代表するお土産ですよね。

つぶあん、こしあん、しろあん、チョコ、クリーム、抹茶、チーズなどさまざまな味が販売されていて、もみじ饅頭を揚げた揚げもみじなんかも存在します。

いろんな味を楽しむことができるのもこのお菓子の面白いところです。

 

実際に宮島に行ったときにできたてのもみじ饅頭を食べましたが、やっぱりできたてはめちゃくちゃ美味しい。

観光で歩き回って疲れている体に甘いもみじ饅頭が元気をくれました。

また、お茶にぴったりなので、休憩に最適なお菓子。

 

 

もみじ饅頭の有名な販売店はいくつかあるのですが、今回やまだ屋のもみじ饅頭を取り上げたのは、先日東京で立ち寄ったアンテナショップに売っていたからという理由だけです。

 

もともともみじ饅頭の発祥は高津堂の高津常助が作ったそうです。

そこには逸話があって、初代総理大臣の伊藤博文が紅葉谷の岩惣の茶屋で、お茶を用意してくれた娘の手を取って「紅葉のように可愛い手、食べたらおいしいだろう」というようなことを言ったことがきっかけになっているとか。

 

どういうこっちゃと言いたくなりますが、結果としておいしいお菓子ができたなら、まあいっか。

それでは開封してみます。

f:id:kchair:20170403234239j:plain

 

下の写真は聖乃志久礼。

宮島にある弥山の時雨桜の伝承にちなんで作られたお菓子です。

なかは栗入りのあんが入っています。

おもての桜が特徴的ですね。

f:id:kchair:20170403235454j:plain

 

うんうん、やっぱり饅頭はお茶に合うね。

もみじ饅頭はとにかくたくさんの種類が販売されているので、自分のお好みの味を見つけるまで食べ比べするのも楽しいかも。

 

 

【静岡】こっこ

こんにちは。

ご当地お菓子を食べるのが趣味の私が食べたお菓子の記録を綴るブログです。

 

 

今回は静岡県の「こっこ」紹介いたします。

f:id:kchair:20170328075010j:plain

パッケージのイラストが可愛いですよね。

ひよこのイラストで「タマゴかな?」という文字があるので、卵を使用した甘い感じのお菓子なのかなと想像できます。

静岡らしく富士山の絵もありますね。

今回はお試しで2個入りで216円のこっこを購入。

 

f:id:kchair:20170328075241j:plain

f:id:kchair:20170328075430j:plain

原材料はこちらで確認。

電話番号が0120-041-525→おいしい こっこになっています。

 

さっそくパッケージを開けてみましょう。

f:id:kchair:20170328075801j:plain

ひとつずつ包装されているので、分けて食べられるのがいいところ。

たくさん入っているものでもこのように包装されているので、職場や学校のお土産にも使えますね。

 

袋を外してこっこの姿を見てみましょう。

f:id:kchair:20170328080120j:plain

ふわふわたまごの蒸しケーキって感じ。

ふんわりした黄色い形がパッケージのひよこのように可愛い。

 

f:id:kchair:20170328080322j:plain

中にはミルククリームが入ってました。

甘いのですがそんなにしつこい感じはなく、なめらかでおいしい。

食感もふわふわで心地良い。

南アルプス山系のおいしい水を使用しているのも関係しているのかな。

 

舌触りがよく程よい甘さで食べやすいので、何個も食べたくなってしまいました。

失敗した、16個入り買えばよかった・・・。笑

【京都】聖護院 生八ッ橋

こんにちは。

 

ご当地お菓子を食べるのが趣味の私が大好きなお菓子を紹介するブログです。

 

今回は京都土産の代名詞「聖護院 生八ッ橋」をご紹介いたします。

f:id:kchair:20170322002343j:plain

今回はもうすぐ春ということでさくらと抹茶味を購入しました。

京都のご当地お菓子といえば絶対に欠かせないのが八ッ橋ですよね。

私は生八ッ橋が大好きで、京都に旅行に行かなくてもアンテナショップやお土産屋さんに並んでいるのを見かけるとついつい買ってしまいます。

 

京都は修学旅行で訪れる学生も多いので、塾の先生をしている友人は生徒が修学旅行の時期になると、お土産として八ッ橋を塾に持ってきてくれる生徒が多いから、八ッ橋はもう飽きたと言っています。

八ッ橋好きの私からしたらなんて贅沢なことを言っているんだ!と叱ってやりたくなってしまいますが、子どもたちもお土産に買ってしまうほど国民的なお菓子ということですね。

 

 

そんな私が愛してやまない八ッ橋ですが、古都京都を代表するお菓子だけあって長い歴史があります。

 

″八ッ橋が誕生したのは、元禄二年(1689年)です。

江戸時代中期、箏の名手であり作曲家でもあった八橋検校は、「六段の調べ」など数々の名作を生み出し、近世筝曲の開祖と称えられています。
歿後、黒谷の金戒光明寺にある常光院(八はしでら)に葬られましたが、墓参に訪れる人は絶えることがありませんでした。 そのため検校没後四年後の元禄二年、琴に似せた干菓子を「八ッ橋」と名付け、黒谷参道にあたる聖護院の森の茶店にて、販売し始めました。 現在の当社本店の場所にあたります。以来、三百二十年余りに渡り、当社は八ッ橋を製造し続けています。“

(引用:八ッ橋の歴史 - 八ッ橋について|聖護院八ッ橋総本店

 

 

さあ、歴史を学んだところで箱を開けて食べましょう。

f:id:kchair:20170322004117j:plain

 

見るからにもちもち感が伝わってきます。

このもちもちの食感に中の甘い餡のコンビネーションが最高においしい。

また、生地のにっきが甘さを適度に抑えてくれて、上品な大人の味にしてくれます。

 

京都の超定番ご当地お菓子、生八ッ橋。

やっぱりこれは永遠のリピートお菓子ですね♪

聖護院以外にも西尾、井筒、白心堂などさまざまな八ッ橋屋さんがあるので、食べ比べもしたいなあ。

 

 

 

 

【北海道】札幌おかき Oh!焼とうきび

こんにちは。

 ご当地お菓子を食べるのが趣味な私の大好きなお菓子を紹介するブログです。

 

 

今回は北海道から「札幌おかき Oh!焼とうきび」をご紹介いたします。

f:id:kchair:20170322000207j:plain

f:id:kchair:20170322000235j:plain

内容量は18gが6袋で、価格は648円です。

小袋で分けられているので、お土産にもぴったりですし、保管もしやすく食べやすいです。

大通公園の名物と書いてありますが、私は大通公園には行ったことがあるけれど、今回このお菓子をはじめて知りました。

とうもろこしのイラストがインパクト抜群ですね。

お店でもひと際目立っていましたし、ちょうど半額で販売されていたので、迷わず購入。

 

f:id:kchair:20170322000502j:plain

 

作り手の想いが箱の内側に書かれています。

f:id:kchair:20170322000552j:plain

 

原材料はこちら。

f:id:kchair:20170322000657j:plain

 

では、早速袋を開けて中を見ていきましょう!

 

 

名前の通りガッツリとうもろこしが入ってる。

むきだしのとうもろこしは乾燥スイートコーンですね。

視覚からとうもろこしを食べてるんだと気持ちを高めてくれます。

f:id:kchair:20170322000735j:plain

しかし、よく見たらこの写真、おかきしか写ってないな…。

分かりづらくて申し訳ございません。

 

 

そして、おかきは日本産のもち米にとうもろこしが練りこまれています。

焼きとうきびらしく、醤油の香ばしい感じの風味もあって食が進みます。

祭りやプールで売ってる焼きとうもろこしを思い出すなあ。

 

この焼きとうもろこしの香ばしい風味にはOh!と驚いてしまいます。

明日も食べようっと♪

 

【栃木】栃木の味 レモン入牛乳ラングドシャ

こんにちは。

 

私はご当地お菓子が大好きです。

いまはインターネット通販が発達したり、東京には地方のアンテナショップがいろいろあったりで様々なご当地お菓子を旅行をせずとも食べることができます。

ご当地お菓子を食べるのが趣味の私が食べたお菓子の記録を綴るブログです。

 

 

今回は栃木県から「レモン入牛乳ラングドシャ」をご紹介いたします。

f:id:kchair:20170316232009j:plain

 

皆さんはレモン牛乳ってご存知でしょうか?

栃木乳業株式会社から販売されている「関東・栃木レモン」という栃木で昔から親しまれてきたレモン味のする牛乳です。

本当にレモンの果汁が入っているわけではなくて、レモンの香料や砂糖で甘みが加えられています。

私はこれを栃木ではなく茨城県のスーパーで見つけて初めて飲んだのですが、これまでに飲んだことのない味で口に合わず失敗したのが出会いでした。

もう飲まないと思いながらもどこかクセになる味で、また飲みたいなあと思っていました。

そんなときにラングドシャのお菓子を発見したのでレモン牛乳にリベンジです。

 

 

さっそく箱を開封します。

レトロなパッケージが可愛いんです。

今回購入したのは10枚入り。

f:id:kchair:20170316233044j:plain

一つずつ包装されているので職場や家族のお土産にも使えますね。

 

原材料はこちら。

どうやらレモンパウダーがアクセントになっているようです。

f:id:kchair:20170316233315j:plain

 

 

さあ、いざ試食!

f:id:kchair:20170316233426j:plain

 

うまい!(^^)!

レモンの酸味が心地よく甘みが適度に抑えられてる感じで食べやすいです。

昔すこしでもまずいと思ってしまったレモン牛乳に謝りたい。

ラングドシャに生まれ変わったあなたは美味しい!

 

 

レモン牛乳を知らない人には「レモン牛乳って何だ!?」というインパクトを与えられますし、レモン牛乳を知っている人には懐かしさをプレゼントできます。

栃木のお土産の候補のひとつにしてみてはいかがでしょうか。

 

 

はじめまして

こんにちは。

私はお菓子を食べるのが好きなのですが、一番大好きなのがご当地のお菓子です。

その土地の歴史や名産品が反映されていて、味だけでなくそのお菓子の成り立ちやパッケージからも楽しませてくれます。

いまはインターネットショッピングが発展したことで家にいながらご当地お菓子を取り寄せることができますし、東京には常設で地方のアンテナショップが展開されているところもあるので、わざわざ旅行に出かけなくてもご当地お菓子を手にすることができます。

 

 

私がこれまでに食べてきたご当地お菓子の記録を残すべくブログに記していきたいと思います。

誰もが知っている定番お菓子やあまり知られていないマニアックなお菓子まで、自分が食べたいと思ったもの、食べてみたものを紹介していきます。

食べたことあるお菓子でも味違いが販売されていたり、日々新作が登場するので飽きることがないのがこの趣味の良いところ。

 

 

同じくご当地お菓子好きの人やお土産にどんなお菓子を買おうかなと悩んでいる人の楽しみや手助けになれば幸いです。

ご当地お菓子コレクションのはじまり、はじまりー♪