読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ご当地お菓子コレクション

大好きなご当地のお菓子を紹介するブログ

【広島】もみじ饅頭&聖乃志久礼 やまだ屋

こんにちは。

4月に入って新生活が始まるわくわく感が街にあふれていますね。

私は今年度も変わらずご当地お菓子を食べ続けています。

 

今回は宮島の名物、やまだ屋のもみじ饅頭と聖乃志久礼をご紹介いたします。

f:id:kchair:20170403232927j:plain

 

もみじ饅頭といえば広島(宮島)を代表するお土産ですよね。

つぶあん、こしあん、しろあん、チョコ、クリーム、抹茶、チーズなどさまざまな味が販売されていて、もみじ饅頭を揚げた揚げもみじなんかも存在します。

いろんな味を楽しむことができるのもこのお菓子の面白いところです。

 

実際に宮島に行ったときにできたてのもみじ饅頭を食べましたが、やっぱりできたてはめちゃくちゃ美味しい。

観光で歩き回って疲れている体に甘いもみじ饅頭が元気をくれました。

また、お茶にぴったりなので、休憩に最適なお菓子。

 

 

もみじ饅頭の有名な販売店はいくつかあるのですが、今回やまだ屋のもみじ饅頭を取り上げたのは、先日東京で立ち寄ったアンテナショップに売っていたからという理由だけです。

 

もともともみじ饅頭の発祥は高津堂の高津常助が作ったそうです。

そこには逸話があって、初代総理大臣の伊藤博文が紅葉谷の岩惣の茶屋で、お茶を用意してくれた娘の手を取って「紅葉のように可愛い手、食べたらおいしいだろう」というようなことを言ったことがきっかけになっているとか。

 

どういうこっちゃと言いたくなりますが、結果としておいしいお菓子ができたなら、まあいっか。

それでは開封してみます。

f:id:kchair:20170403234239j:plain

 

下の写真は聖乃志久礼。

宮島にある弥山の時雨桜の伝承にちなんで作られたお菓子です。

なかは栗入りのあんが入っています。

おもての桜が特徴的ですね。

f:id:kchair:20170403235454j:plain

 

うんうん、やっぱり饅頭はお茶に合うね。

もみじ饅頭はとにかくたくさんの種類が販売されているので、自分のお好みの味を見つけるまで食べ比べするのも楽しいかも。